2014年3月アーカイブ

的確な判断ができる医師を求めます。

風邪くらいでしか医師に診察してもらう機会がなかった私ですが
歳のせいか他にも気になる症状で医師に診てもらいたいと
思う機会が増えてきました。

自分だけでなく、子供の傷病も明らかに小児科じゃどうにも
ならないだろうなと思う様な症状の傷病があったりして
そういった際にいつも悩むんです。

いったい、何科に行けばいいんだろう?

これって、今現在わりと問題になっている部分があるみたいですよね。
総合診療科っていうのが日本には少ないみたいです。
要は最初の段階で医師が診察して何科で診てもらうのが
最適かということを判断する診療科らしいんですけど。

だいたい、大きな病院に行って悩んでいると受付さん、もしくは
看護師さんがその案内をしてくれるっていうのが殆どです。
その案内が果たして正しいのかっていうのも疑問ですけどね。

その役割を担っているのがいわゆる町医者って呼ばれる
個人医院の医師だったりするんじゃないかと思うんです。

以前、年始に謎の発熱、当番医は耳鼻科のみという状態で
一週間以上苦しんでいたんです。
それで診察を開始した町医者に行ったわけですが、
血液検査をして結果を見てすぐに別の大きな医療機関を紹介してくれました。
その結果、その2~3日後に熱も下がり始めたんです。
患者さんの中には
「あの先生はすぐに紹介状を書くだけで診てくれない。」
と考える方もいるみたいですけど、
私は的確な診療科を紹介してもらってよかったと思ってます。

こういった的確な判断ができる医師って絶対に必要ですよね。
もっと総合診療科っていう分野が浸透すればいいのにな......
なんて思うんですけど、まだまだ難しいのかもしれませんね。

最近は女医さんも増えているみたいですね。女性医師の求人特集なんかを
見てて思います。男女雇用機会の均等が実現したということなんですかね。

新人の気持ちを忘れずに...

晴れて看護師になれたものの配属先がどこになるかでかなり不安を抱いていた私が何とか快適に仕事の出来る職場に配属されて仕事にも少しずつ慣れてきて...今、この仕事を選んで本当に良かったと思えているところです。

中にはせっかく猛勉強して看護師になれたものの配属された職場があまりにも仕事がしずらいところで辞めてしまった子もたくさんいます。

私と結構仲良くしていた友達も辞めてしまいました。

私は配属先に恵まれていたからここまでがんばってこれているしこれからも頑張ろうって思えるけど恵まれなかった人にとっては本当に嫌な思い出しか残らないですよね...。

私は自分がこの仕事を長く経験して新人ナースが配属された時、少しでも新人の味方になってあげられる先輩ナースになりたいなって今は思っています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

  • Google
  • 医療現場で働く准看護師さんが悩み解決に使える<<准看護師>>サイトは◎です。この准看護師サイトを見れば前向きに仕事ができると思います。
  • 今、需要が増えています!訪問看護師の!このサイトでは訪問看護師についてご紹介しています。ぜひ一度目を通してください!

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。