2018年1月アーカイブ

相続税

相続税を払うくらい相続があったらいいのですけどね(笑)、
相続税について、です。

僻地にある診療所の相続税が免除されるようになったとかで、
それはいいことだ、と思ったのです。

厚生労働省は、過疎地などで診療所や病院を相続した後継者の医師が安定的に運営を続けられるよう、
医療業務に必要な土地・建物などにかかる相続税を免除する方針を固めた、
というものです。

対象は個人開設の医療機関で、相続後に5年間継続して運営することが条件。
2018年度税制改正要望に盛り込むようですよ。

運営ができないということは、そこは医者がいない、ということで、
そしたら住民は困ってしまうからね、
いいことですよ。

どうして医者は都会にばかり集まるのでしょう、
僻地にこそ必要なのに。

どうか医者の方、もっと僻地に行って診療をしてくださーい。

相続税、、、って聞くとなんかぞくぞくするの、私だけ??

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。